スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひこにゃんの街:花菖蒲と菖蒲の花盛りの巻

 6月、梅雨空で憂鬱でもありますw-。でも近所の庄堺公園に出かけてみました。
 交通手段はいつものチャリですw-、笑い。
 多くの方たちが見物の訪れていました。公園内では子どもたちの歓声が聞こえていますw-。
P1210250.jpg
P1210251.jpg
 菖蒲園はこんな具合です。もっと近寄ってみましょうか。
P1210252.jpg
P1210254.jpg
 美しい、きれい、鮮やかですねえ。しっとりと咲き誇っています。
P1210258.jpg
望遠系でアップにすると、こうなります。清楚な貴婦人みたいな風情です。

ひこにゃんの街:総合開会式と的張りの巻

 きのうは観桜射会でしたが、今日は体育センターで、総合開会式がありました。
 市の体協に所属するスポーツ競技の代表が集って、開会式をやるのです。式の後、すぐに競技開始の種目もあります。  弓道は、8時半までに道場に集合します。そして、みんなで、歩いて港湾の陸橋を渡り、反対側にある陸上競技場と彦根球場、テニス・コートから体育センターに行きました。雨なので、傘をさして向かいました。
 9時から入場開始です。
 野球、ハンドボール、陸上競技、柔道、剣道、弓道、少林寺拳法、卓球、バドミントン、ソフトテニスなどが続きます。弓道は、的に「26国体を彦根の会場で)とアピールする文字を書いて行進します。これもパフォーマンスですね。賑やかに遂行されていきました。
 式典の後は、また歩いて道場に帰り、的張りです。
 矢を射て稽古するのですから、紙は無数の穴が開いてぼろぼろになっています。それを丁寧にはがして、ふのりで張っていくのです。これでまた来週から新しい的で稽古ができます。

ジャズ・ライヴ ナベサダを聴くの巻

 ゆうべはナベサダさんのライヴがありました。早めの夕食を食べて、6時過ぎに会場まで行きました。
 もうすでにかなりの人が集っていました。
 「渡辺貞夫クインテット 2015」です。彦根にはジャズのライヴハウスはありませんが、この催しは貴重ですw-。奥様のお友達がチケットを予約、小さな会場ですが、フード・コート?もあり、フランクフルト、おつまみ、ビール、コーヒー、ワイン、シャンパンの屋台も出ていました。
 私たちは指定席券で、1ドリンク付きとあったので、私は迷わず赤ワインにしました、笑い。「赤ワインください」というと、真新しいワインのコルクを抜いてグラスに注いでくれました。奥様はホット・コーヒーです。開演までの30分間はワインを飲みながら待ちます。ビールを聞こし召して、赤ら顔の人もいるのはご愛敬でしょう、笑い。
 7時になりいよいよ開演。斜め前のドアを開けて、渡辺さんのクインテットが入場です。写真通りのきさくな笑顔と語りで自己紹介がありました。2015年のツアーは彦根が最初だそうです。渡辺さんは、今年82歳の御年、お元気ですねえ。
 さあライヴの始まりです。音が大きく会場を包みます。ベースは、今回から初めて参加の人です。ピアノ、ベース、ドラム、パーカッションの編成です。リズムも歯切れ良く、軽快に疾走します。
 メンバーは、渡辺さん(アルト・サックス)、ピアノが小野塚晃、ベースが中村健吾、ドラムが石川雅春、パーカッションがンジャンセ・ニャン。ニャンのほとばしるようなリズム、ほんとうに素晴らしかった。そして、ベテランの小野さんのピアノ、心に沁みました。
 *後日談:このブログに、会場のスタッフの方からコメントをいただきました。そういうこともあるのですねえ。世の中のめぐり合わせとは面白いものですねえ。

ひこにゃんの街:安土の入れ替え作業、その後の巻

 先日の弓道の安土の入れ替え作業の大変さを書きましたが、その後の話を書きます。
 私などは、日曜日に作業でもうへとへとでした。日頃の鍛え方が違うのでしょうがない、と自虐的になりました。腕は痛いし、腰はだるいし・・・・。2日ぐらいは影響?がありました。本当に道場の皆様ご苦労様でした。
 翌々日の火曜日、普段の練習に出かけたのですが、安土に刺さった矢は軽々と抜けました。すごいすごい!先週までは、これは堅い、抜くのに大変だなどと話していたのが嘘のよう、笑い。まだまだ下手なので、的よりも安土の方に当たるというので、われわれにとっては有り難いのです。作業の甲斐があったというもの、笑い。
 そして、女性陣が道場の床をワックスがけされてからというもの、足踏み→胴づくりをするとよく滑るようになりました。早い話が、つるつるなのです。「大前」(一番的の立ち位置)はそうでもないのですが、二番的が特によく滑るのです。「つるつるだね」「よく滑るね」としゃべっていると、上位者の方から声がかかります。「胴づくりをしっかりし、足を踏ん張ればどうもない」と叱声が飛びます。これを聞いてはたと思いました。やはり六段の上位の方は違うなと。あちこちの道場を熟知され、修羅場をくぐってこられたので、腑に落ちる話でした。確かに、しっかりと足踏みをして、胴づくりを心がけたら、すぐに的中しましたから。すごいと思いました。つまり、まだ未熟ということ。反省反省です。
プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。