スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル旅行 映画と音楽、そして、リスボン空港→トマール

 ドバイの夜明けを目の当たりに見ながら、離陸。リスボンに向かいました。
 なにしろエコノミー・クラスなので機内は、狭い、退屈ですw-。なので、目の前のモニターに頼ることになります。しかし、関空からドバイまでは、私のモニターの調子が悪くて、写らないのです。よりにもよってアンラッキー、最悪でしたよ。まあ夜なので、ほとんど寝ておりましたが、笑い。
 ドバイからは、調子よくモニターのお世話に。好きな映画の視聴は、まず「ジュラシック・ワールド」。お馴染みのシリーズですね。でも、恐竜をよみがえらせる技術の悪用とマネジメントの貪欲さを最初は突いていて、なかなか鋭い視点もありますね。つまり金儲け主義への批判?もあると解釈しました。中盤以降は、少年たちの叔母である主人公の女性がやり手のキャリア・ウーマンであったのが、事態の急変にともない、変化して危機対応に雄々しく?立ち上って協力し・・・・という、お決まりのハリウッド・スタイルとなっていきます。
 「007 スペクトル」:ダニエル・クレイグの格好良さが中心で、十分満足するアクションいっぱいの映画でした。これもお決まりのヒロイン(有名なスパイの娘)との掛け合いも恋愛?も共に楽しめる内容です。新兵器も車も大いに活躍します。これも楽しみでした。
 2本も観るとドライ・アイになるので、次は音楽を楽しみました。
ロバート・グレイ・バンドやヒュー・ローリーのブルース、マドレーヌ・ペイローのジャズ・ボーカル、そしてナット・キング・コールのジャズを聞きました。実は黒人音楽が意外に好きなんですw-。
 そうこうするうちに、機はリスボン空港に無事ランディング。だだっ広いターミナルを移動して入国手続きを済ませ、バスに乗り込みトマールに向かいました。今回は現地在住の男性が終始ガイドを務めてくれました。
 トマールは、テンプル騎士団ゆかりの土地です。修道院が世界遺産に指定されています。しかも、ラッキーなことに、この日はテンプル騎士団に扮した地元の人たち(市長さんを含む)の写真を撮ることが出来ました。
P1020364.jpg
P1020373.jpg
P1020381.jpg
P1020384.jpg
 これが中世の騎士に扮した人々です。おやー2
ショットで?サマンサどら猫さんも居ますねえ、笑い。いつものサングラスと、黒皮の上着とジーンズ姿でした。
 ちなみに現地の気温は滞在中ほとんど彦根と同じか、少し低めぐらいでしたね。海辺ではさすがに風も強くて、風よけの山用のウィンドブレーカーを着用しました。セーターも冬物でなく春用の物を何枚か持参しました。ただ下には、ヒートテックの長袖を着ていましたが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おかえりなさい。
いきなり仮装シーンに出くわして異国情緒満喫ですね。

テンプル騎士団って聞いたことがあります。詳しくは…?なんですけど(笑)
盾の赤い十字架は印象的ですね、そのマークだけは思い出してきました。

No title

 paraさんへ 〉 ようやく帰ってきました、笑い。やはり疲れましたが、今は頭の中を整理しています。グッドタイミングで、市をあげての記念日に遭遇しました。ラッキーでした。イベリア半島は、スペインと並んでイスラム教徒とのせめぎ合いがありましたし、これらの騎士団「キリスト教擁護」を旗印に活躍したのですね。
プロフィール

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。