スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエル・シュルマン「アメリカの真の支配者 コーク一族」

 これはアメリカの代表的な企業を扱っているけれど、企業小説には分類しにくいし、かといって伝記と分類するのも単純すぎると思う。創業者のフレッドだけを取り出せば、彼の一代記=伝記だともいえるのである。
 父フレッド、母メアリー、息子のチャールズ、フレデリック、ディヴィッド、ビルを含めて考えると「コーク一族」(コークと言ってもコカ・コーラを連想するのは間違い!石油・化学・肉牛を扱う巨大資本である)の大企業家一族の物語として読むことも可能なのだ。
 本を読んだのは、アメリカの最近の政治史の中で特異な?位置をしめる、ティー・パーティー運動リバ-タリアニズムリバタリアンに興味をもっていたからである。これらを理解する格好の本であったからだ。
 その意味で、まさに適切な本であったと思う。
 しばしば右派の積極的な運動として、或いはオバマ政権への批判的な運動として共和党の保守派ともつながるのがこれらの実態であり、ロビー活動をそのコーク一族の豊富な資金で展開するものであるからだ。
 リバータリアニズムという語感から、リベラル、リバティー、リベラリストという単語を連想しがちではあるが、「自由」を信奉するのだが、徹底して個人の自由、そして政府からの自由を主張するのが独特であるのだ。なので、累進課税による社会福祉を前提とする「大きな政府」を排除し、「小さな政府」を主張とする。時には、個人の自由の為には政府なんかいらないとする無政府主義とも連携するのである。その意味で、政治的には右派であり、タカ派でもあるいえる。
 フレッドは家業を受け継いで大きくし、「ジョン・バーチ協会」を創り、そのメンバーにはダグラス・マッカーサー(日本の占領政策で有名)も含まれている。チャールズは父以上の企業集団をつくり、サンフランシスコにリバータリアニズム運動の中心を置き、ケインズ経済学の批判者である、経済学者のミルトン・フリードマン、「大草原の小さな家」の作者ローラ・インガルス・ワイルダーを講師に招いて草の根の運動を展開していくのだ。それがティー・パーティーへと繋がっていく。
 その意味で、公民権運動に反対したり、反共を核とした影響力を与え続けているということがよくわかるのである。
 その意味で刺激的な本でもある。
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。