スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田宜永「血の弔旗」はノワールの傑作だ、の巻

 ノワール(暗黒小説、犯罪小説)、広い意味での犯罪ミステリの傑作といっていい。藤田さんのノワールを中心としたミステリは、ハードボイルド・タッチで定評があったが、これはその中でも最高の傑作であろう。
 ストーリー: 1966年、東京で金融業者の現金が強奪され、一人の水商売の女性が銃殺される。
 犯人は、金融業を営む原島のお付き運転手の根津謙二が主犯、仲間の宮森菊夫、岩武弥太郎、川久保宏の4人だ。
 11億円がその夜に原島邸に運び込まれると知った根津の思い切った犯行計画であった。ただし、誤算があり、邸に偶然訪れたバーのマダムを射殺してしまった。
 現金強奪はうまくいき、根津は周到なプランのもとで警察の追求の網をかわそうとする。その犯人たちの生き様としぶとさはスリリングでさえある。まるで一昔前のフランス映画(アラン・ドロンやジャン・ギャバン、ジャンポール・ベルモンドらの映画)の匂いがするのだ。藤田さんはフランスに滞在経験があるのでそんなテイストもうなずけると思う。
 そして、時系列で彼らの行動と、周辺の人間の動きが描かれ、また戦中の疎開先での彼らの出合いも丁寧に描くことにより、小説としての広がりと深まりが出ている。この辺は藤田さんの渾身の力投が遺憾なく発揮されている。
 同時に、あの時代60年代後半から70年に至る作者自身の清秋時代を過ごした東京の詳細な生活体験がリアルに迫ってくる。
 そして、4人の人物描写はもとより、女性たち、すなわち謙二の関係するアングラ劇団の増美、恩師の娘である鏡子の描き方の巧みさ、原島や刑事石橋の造型も説得力があって面白く読めるのである。
 また、犯罪小説としても読めるし、作者の「青春グラフィティ」としても読めるのだ。
 題名の「弔旗」の意味は、後半を過ぎてから、なるほど、と理解できるのである。そしてラストでの謙二の運命と感慨に共感?できるのである。
 しかしながら、終わり方が少し性急であっさりしすぎかな?と私は思っている。つまり、ノワールとしてのふてぶてしさに欠けるのである。ギラギラした謙二にワルとしての魅力があるだけに残念である。
 もうひとつは、目に見えない脅迫者とその正体の描き方はありきたりのような気もするのだが、結論はこれしかないだろうな。こう書くと作者に対して失礼ではあるが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。