スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜矩子「EU消滅」のインパクトの巻

  これは刺激的な本だ。副題は、『ドイツが世界を滅ぼすか?』だ。大体この人はきっぱり、ズケズケものを言うタイプに属する。なので、文章も歯切れがよくて小気味よいのである。
 この本は、特に戦後のヨーロッパの歴史を土台に置いてしっかり分析しているから説得力がある。
 欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)からはじまって、EEC、EC、マーストリヒト条約を経て「EU」の結成、そして「ユーロ」という単一通貨の導入を実にスリリングに描いているといってもよい。
 その際、独・仏の関係、英・仏の関係を中心におきつつ、政治面と経済面での協力関係をはめ込んでいる。読んでいてついニヤリとさせられるのは、ビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」をもじって「マジカル・ヒストリー・ツアー」と表現したりのユーモアもあるのだ。
 そして、政治家として、チャーチルから始まって独のアデナウアーと仏のド・ゴール、そしてメルケルへの橋渡しを丁寧に説明する。
 特に題名にかかわって、EUの未来については、幾つかの欠点(ギリシャ問題、実利的なイギリスの行動、旧東欧諸国の動き、難民問題など)を指摘しつつ、メルケルの内心?にまで踏み込んで、エールを送っているようにも思われるが、いかがなものであろう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。