スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠田節子「インドクリスタル」

 篠田さんのまたまた新境地を開く物語です。雑誌「野生時代」に連載されていたです。この雑誌を少しは手にとって読んでいたのですが、全編を書き直して?単行本にまとめられたものです。篠田さんらしい筋運びの巧みさとスケールの大きさを感じます。
 アジアのどこやらの国の雰囲気や神秘性については、チベットらしい、あるいはネパールらしい背景を生かしての小説もこれまでに何冊かありましたが、今回はインドが舞台です。各章はシンプルに、次のようになっています。
 一章 処女神
 二章 アンダー・ザ・テーブル
 三章 スラム
 四章 光彩
 主人公は藤岡。山峡ドルジェの社長、先代社長の娘婿である。彼は「水晶」を求めてラテンアメリカ各地に行き、質のよい水晶を会社のために見つけてきた経歴をもつ。ドルジェは人工水晶を提供する中堅企業である。さらに高品質の水晶を求めインドへやってくるが、藤岡の部屋にやってきた、一夜の相手をする少女ロサとの出合いが彼を変えてしまうのだ。
 彼女はとてつもない記憶力をもち、ある村で処女神として崇められていた存在だった。さらに「人間爆弾」として、自爆テロに利用もされていた過去を持つ。
 この存在感がある少女と、現地のNPO法人の人々とのやりとり、そして現代のインド社会の貧困と風習も丁寧に描かれている。
 ラストでは、ロサと藤岡のその後が描かれていて、深い印象を残すのだ。
 思うに、このロサという不可思議で卓越した少女を造形したことでこの作品は成功といえるのではないか。後は篠田さんの巧みな?ストーリーテラーの術に翻弄されていく、それこそが篠田作品を読む醍醐味に他ならないのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。