スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・ブリッジ シーズン1の②」

 第3話: ホームレスの溜まり場へサーガは調査に出かける。(高福祉国家デンマークにもこんな場所があったのだと、この夏のデンマーク旅行の印象から思った)そして一人の男の死体を発見。同一犯の仕業と断定するが・・・。第1話と第2話を観ていると、全体の色調がくすんでいること(セピアに近い)に改めて思い至った。陰鬱で暗いのだ、北欧の空のように、町も、病院も。人々の服装も。。原色はほとんど無いのだ。ここら辺が、北欧ミステリの特徴かもしれないと妙に納得する。
 犯人はワインの箱をホームレスの住む地域に置いていく。そこには毒が入っていた。そのため、12人が死亡する。犯人の意図は何か?被害者の一人のソニアは兄ステファンと別々の里親に育てられた過去をもつ。
 犯人はビヤアンを拉致し、ビデオで撮影、警察を挑発する。ビヤアンに扮しているのは、「キリング」でのサラの上司役だ。
 「真実のサイト」で犯人が中継、サーガも警察もこれを観て動く。
 相棒のマーティンとサーガは二人で捜査にあたる。二人の間で交わされる様々な会話があってこれはこれで面白いのだ。
 マーティンの息子アウグストは犯人の情報に興味を持ち、ある人物とチャットを交わしている。
 そして犯人は、2000万クローネを4人の不動産王(シャーロットの夫もそのうちの一人)に支払えと要求してくる。つまり、一人500万ずつだ。
 第4話: とらわれのビヤアンはモールス信号を送り合図をしていることが判明。警察は信号を解読し、「男性の家」を突き止める。このドラマの最初に流れる主題歌?は独特の哀愁を秘めており、印象的だ。この北欧ドラマのムードにピッタリなのだ。
 シャーロットは夫の死後、夫の不倫を知り、その仕返しとして身代金を一人で払うと応じるのだ。
 犯人の隠れ家を突き止めた二人と警察。マーティンは怪我をし、警官も2名が被害に遭う。
 休養しているマーティンに、妻メッテは妊娠を告げる。
 サーガからの電話が入り、「マーティンを殺さなかったのは、犯人はマーティンが必要なのかもしれない」と告げる。これがなかなか深い意味の言葉だと後に判明する。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。