スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「回峰行」ルートはやはりキツイ-、の巻

 今日は体育の日、皆様方いかがお過ごしでしょうか?
 私は、3連休有効に?過ごしていますw-。初日は、比叡山に行きました。25日に「チャレンジ比良登山大会」があるので、いわばその前哨戦です。
 友人たちと相談して、あれこれ行き先を検討しました。例えば、私の好きな「伊吹の北尾根」とか、鈴鹿のどこか(例えば日本コバとか)など。結局、「回峰行」に結論づけました。
 距離は16km、6時間。ちょうどよいではないかと。
 湖北の友人夫婦の車に、彦根6:30→JR能登川駅7:00でもうひとりの友人が乗り込み、4人で比叡山に向かいました。琵琶湖大橋を経て湖西道路に入り、京阪電車の坂本駅近くの駐車場に駐車しました。
 予定の8時過ぎから歩き始めることができました。
 ルートは、坂本から根本中堂を通り、日吉大社に下りてくるのです。
 いきなり登りの道がずーっと続きます。久しぶりの山歩きなので、これがキツイのです。「チャレンジ比良」も栗原からはこんな風な登り道から権現坂を一気に登るので、よい負荷をかけるコースだと納得。天気は曇り空、無風状態です。見晴らしは貸すんでしてあまりよくありません。
 やがて坂本のケーブル駅に到着、さすがに3連休なので、ここには多くの人がいました。まだ紅葉には早かったのですけれど。トイレ休憩もして、根本中堂に入場します。京都側からもたくさんの人が訪れていました。賑やかでした。われわれも本堂に上がらせてもらい、御参りを済ませました。比叡山は仏教に聖地、親鸞さんも法然さんも、日蓮さんも道元さんもすべて若い頃はここで修行されたのですから。深山の趣は十分あります。
 そして、西塔方面に歩きます。もう人はまばらです。でも何かおかしいぞのNさんの声!結局京都方面に通り越していると気がついて、引き返します。ロスタイムです。ここで行程の半分ぐらいです。
 実はここからが苦難の?始まりでした。分岐が幾つもあって、その道標が分かりにくいのです。その都度、相談しながらコンパスとにらめっこで必死に歩きます。
 広い比叡山のエリアですから、チケットをあちらこちらの窓口でチェックしてもらいます。窓口の女性にもルートを聞きました。「よくわからないけど、気をつけなさい。連休だと道迷いで、ヘリが出動することもあります」との返事でした。確かにわかりにくいのですw-。困りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。