スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大倉崇裕「福家警部補の追求」

 おなじみ福家警部補シリーズの4冊目だ。
 大倉さんには、山岳ミステリ系の本が何冊かある(「白虹」など)が、ここには『未完の頂上(ピーク)』、『幸福の代償』の2編が収められている。
 『未完の頂上』: 狩(かなり高名な登山家)が旧知のビジネスマンで支援者の中津川を計画的に殺害する。山を利用した完全犯罪をもくろむが、一見頼りなさそうな福家警部補が次々と狩につきまとって、矛盾を解明していくという倒叙ものでもある。
 面白いのは、福家の別の面がうかがえるということだ。すなわち、「狩が倉雲岳に登るのに息も乱さず、汗一つかかないでついてくる」、「見たんです、最高難度の壁を完登した女を」、「見事なロープワークを見せる」という描写があります。福家の別な側面がうかがえることだ。
 『幸福の代償』: 千尋とブリーダーの弟健成。彼女は動物を虐待する弟を殺害する。そして、弟の知人の二三子も狂言自殺を装い殺害。
 この捜査を続けているうちに、福家が大の犬嫌いということがわかってくる。そして自販機のおしるこが好きということも。
 また聞き込み捜査で、陸上部で鍛えた足を持つ男に福家がピタリとついていくシーンもあるのだ。
 このシリーズの人気のひとつの要素に、福家が聞き取りをした相手はすべて「癒やし」を与えられていることだ。彼女と話した後、気分がすっきりしたり、明るい気分になったりする。一人の例外は、取り立て屋の男の場合だ。調子に乗りすぎて悲惨な結果になるのだが・・・・・。そのことに今回は気がついた。
 また続編が待たれるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。