スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウディ・アレン「恋のロンドン狂騒曲」の恋の描き方の巻

 ウディ・アレンの映画はとにかく饒舌だ。これも多くを語っている。
 この映画では、アレンはナレーター役で、それぞれの恋の行方を時には皮肉に解説したりする。「恋」「愛」というものの一筋縄でいkないものをある家族の行動を通しておもしろ可笑しく、残酷に見せる。
 ストーリー: ロンドンに住む3人の家族の物語だ。本当は息子がいたが、今は死んでいない。
 アルフィー(元夫)、妻ヘレナ(資産家)、娘サリー。娘は売れない作家ロイ(医学部を出て、好きな小説を書いている)と結婚している。この3人三様の恋の行方を描き分けている。
 アルフィー(アンソニー・ホプキンス)は、若いセクシーな女と出会い、結婚する。出合いは金が絡んでいるので、コールガールだ。それでも別居の寂しさ、独り者のわびしさにつけ込まれ?若い女に貢いでいく。よくある老人のパターンだ。これをおもしろ可笑しくしかも皮肉っぽく描く。これこそアレンの真骨頂だ。
 ヘレナ(ジェマ・ジョーンズ)は、心理的に不安定で、アルコールの力を借りている。占いや予言も信じている。そして、降霊会に参加したりもし、ある男性と知り合うこととなる。
 娘サリー(ナオミ・ワッツ)は、ギャラリーを持ちたいと常々思っている。そして、あるギャラリーに勤める。そのオーナーがグレッグ(アントニオ・バンデラス)だ。彼にオペラ・コンサートに誘われ、恋してしまうが・・・・。
 夫ロイは、一発屋で、小説はあまりぱっとしない。暇をもてあまし、向かいの部屋に住んでいる音楽家の娘にちょっかいをかけ、それが発展する。そして友人の事故をきっかけに預かった原稿を・・・・。
 それぞれの恋が、すれ違い、思い込みによってどう変わっていくのか、運命のイタズラも含めて巧妙に描き、飽きさせない。さすがのアレンの捌き方だ。
 これだからアレンの映画はやめられない、笑い。
キャストも豪華だ。それぞれ主演を張れる俳優ばかりだ。それを個性を前面に出さずに抑揚をつけて演じさせている。アンソニー・ホプキンスもごく自然に、娼婦にうつつを抜かすエロじいさんを演じている。これもアレンの皮肉か。
 アントニオ・バンデラスもおさえた男のダンディーさを演じている。ナオミ・ワッツも無難に夫と雇い主の間で揺れ動く主婦を演じている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。