スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜多喜久「化学探偵Mr.キュリー」1の爽快さ

 3巻から先に読んで紹介しましたが、改めて1巻と2巻を図書館から借りだし、読みました。今は、夏休みで、彦根の図書館も子どもたち、家族連れ、中高年と多くの人々が涼を求めて?賑わっています。夏休みもなかなかいいものだと、私も好きなミステリを中心に借りだしています。ちょうど、弓道場のすぐ横にある立地のため、重宝しています、笑い。
 第1巻ですから、主人公の二人=七瀬舞衣と沖野春彦(Mr.キュリー)の登場から始まります。新人さんの舞衣が四宮大学の庶務課に配属され、上司の猫柳が登場。第1話から第5話が収められている。
第1話 化学探偵と埋蔵金の暗号: 夜中に大学の構内で誰かが穴を掘っている、何とも奇妙な出来事が発生。新人の「何でも係」でもある庶務課の職員舞衣が、猫柳の指示でこの事件の担当となる。現場には埋蔵金のありか?を示す暗号のメモが残されていた。モラル向上委員会のメンバーでもある沖野の協力をあおぐこととなり、二人の運命的な出会いが始まるのだ。
 好奇心の旺盛な舞衣と沖野は、農学部応用生命化学科の研究室に浦賀教授を訪ね、アドヴァイスを求めるが・・・・。そして、オカルト・サークルとの接点も出てきて話が面白くなる。
第2話 化学探偵と奇跡の治療法: 舞衣の叔父夫婦が、癌の治療でのめりこんでいることを心配し、沖野と共にその治療者のホメオパシーの能力の真実を解明するという話だ。そこへ沖野の後輩の製薬ベンチャーに勤める岩城が登場し、この事件の謎が解明されていく。
第3話 化学探偵と人体発火の秘密: 大学の松宮教授の引退記念祝賀パーティーの席上、松宮の頭から発火という衝撃的な混乱から始まる。舞衣もこの現場を目撃し、ショックを受ける。
 この謎解きと真犯人の究明に、沖野と舞衣が活躍する。まさに化学探偵の真価の見せ所だ。洒落たオチもついていて楽しい話でもある。
第4話 化学探偵と悩める恋人たち: 同棲に踏み切った二人の恋人たち。でも女性の様子が変なのだ。二人とも四宮大学の学生でもあった。男性が舞衣に相談を持ちかけ、沖野もこの秘密の解明に乗り出すというもの。
第5話 化学探偵と冤罪の顛末: 舞衣の中学時代の同級生で、今は売れっ子のアイドル美間坂剣也がある事件に巻き込まれ、脅迫される。困った剣也は舞衣に相談を持ちかける。脅迫者が大学の学生だったので、舞衣は沖野とともに事の解決に努力するというものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。