スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜多喜久「化学探偵Mrキュリー 3」

 薬学の研究員である著者による、謎解きを中心とした、ちょっと異色のミステリですw-。結構コージー的謎解きなので、私好みです。その1もその2も読みたくなりました。
 ここには第1話から第4話が収められています。表題を紹介しますと、
・第1話 化学探偵と呪いの藁人形
・第2話 化学探偵と真夜中の住人
・第3話 化学探偵と化学少年の奮闘
・第4話 化学探偵と見えない毒
第1話: 見出しで見ると、何だかオカルト的なテイストなの?と思っていたのですが、双子の兄弟がいて、出来の良さそうな弟の方に、藁人形が送りつけられてくるという相談を、彼のガールフレンドから受けた四宮大学庶務課(学生や職員の悩みや相談にのる)の七瀬舞衣が大活躍。実は沖野(シャーロック役)の冷静な知恵を借りて見事に解決。つまり彼女はワトソン役だ。舞衣の目の覚めるようなピッチングぶりも活写されている。
第2話: 四宮大学助教の今津志保里から相談を受けた舞衣がまた謎に挑戦。北欧の小国の国王が大学に訪問するという予定の中で、ある企み=ある種のテロ?が計画されているかもしれないという状況で、沖野と共にこの怪事件にあたる。
 第3話: 烏丸大輔という化学少年が、沖野と舞衣に相談をもちかける。「ツアラトウストラ」という名のゴールデンレトリバーを心配してある相談をしたのだ。だが、ある事件が起き、この二人のコンビの真相解明が進むといった話だ。そこには人間の、ある独占欲が働いていたのだ。
 第4話: 四宮大学のあるサークル内で起きた事件。「美食」を掲げたサークルでのコンパの席で食中毒事件が発生。女子学生からの相談に舞衣が動き出す。沖野に相談するが、沖野には過去のあるいきさつがあって、彼は事件にかかわるのに消極的だった。彼のかつての競争相手も登場し、なかなか面白い展開となる。この事件の根底にある邪悪な意図とは?これがキモだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。