スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧の旅:北欧はやはり北欧ミステリの故郷だ、の巻

 相変わらず暑いですよねえ!!!彦根でも今日は35度となりました。
 北欧から帰国して、もう1週間経ちましたが、この暑さには負けそう、苦笑い。
 北欧の旅のあれこれをブログ・アップしてきましたがいっこうに涼しくなりません。当たり前か、笑い。日本各地で37度、38度という報道がでるたび、日本は蒸し暑い国だとしみじみ思っていますw-。
 ここで涼しくなる話題をひとつ・・・・三題噺ではありませんよー、笑い。
 好きな北欧ミステリのトリビアも、いちミステリ・ファンとして書いておこうと思います。
 今回の旅では、奥様の希望も大いにあったのですが、私の心の片隅に北欧ミステリの現場に立ち会いたいという思いがあったのは確かですw-。
 だって、スウェーデンの故スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」:これの印象は鮮烈でしたもの。私は映画(本国の映画とダニエル・クレイグのアメリカ映画=『ドラゴン・タトウ-の女』とも観ました)と原作(文庫本6冊)を並行して読んで、鑑賞しました。そして「靄(もや)の旋律」の読破。これは、国家刑事警察特別捜査班が実業界の要人の連続殺害犯人のそうさにあたるという重厚な警察ものです。さらに女性作家カミラ・レックバリのエリカ&パトリックの事件簿シリーズがあります。これも読み応え十分。翻訳は7冊出ています。読破は3冊。
 そして、デンマークには、私の好きな「特捜部Q」シリーズがあり、あの「キリング」があります。「キリング」は、これも映画(デンマークのテレビ・シリーズ)と原作をドキドキして読みました。映画も素晴らしい出来でした。まだ1部だけしか鑑賞していませんが、2部が楽しみです。
  「特捜部Q」シリーズは、『檻の中の女』が映画化されていますが、まだ観ていません。続いて『キジ殺し』、『Pからのメッセージ』、『カルテ番号64』、『知りすぎたマルコ』といずれもミステリとしての魅力いっぱい、そして特捜部Qのメンバーのキャラが立っている、それにつきます。
アイスランドのアーナルデユル・インドリダソンの「湿地」、「緑衣の女」も陰鬱で、重厚なミステリの傑作です。私好みではないのですが
 とにかく、英米の、あるいは南欧のテイストとは違った人間の描き方、それは北欧の気候・風土のもたらすものが作用していると思われるのです。あの今回の「白夜」=いつまでも太陽が沈まない、夜中でも明るい、そして短い夜と夜明けの光景、フィヨルドに囲まれた独特の地形や滝、冬の寒さや雪や氷の世界はもっと人々に影響するのでしょう。
 そんなことをつい想像してみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。