スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バチカンで逢いましょう」はオマ(バアバ)が大活躍だの巻

 これは何とも元気で、ユーモラスなふとっちょオマ(バアバのこと)の活躍する映画だ。
主人公の「オマ」であるマルガレーテ(マリアンネ・ゼーゲブレヒトが演じている)が好演。ユーモラスでハートウオーミングな物語だ。
軽いノリの気分もある。実はあるペーソスの要素もあるのだが、観る人を和ませるのはマルガレーテに扮するマリアンネ・ゼーゲブレヒトの魅力だろう。
 ○ ストーリー
 バイエルンからカナダのオンタリオに移住してきたマルガレーテたちは、想い出のいっぱい詰まった旧い家を売り払い、新居に引っ越すことになる。勝ち気で心配性の娘マリーは、母マルガレーテを善意から老人ホームに入れようとする。母は納得していない。よくある家族の葛藤だ。
 マルガレーテにはある心の重荷があり、ローマ法王に会ってその重荷を下ろそうと思っている。なので、ローマ旅行を楽しみにしていたが諸般の事情で中止となる。気落ちしたオマは、置き手紙を残してローマに行くことにする。
 これが物語の発端だ。ローマには、孫娘が大学へ行く準備のために厳格なカトリックの家で下宿しているのだ。彼女を頼っていくことになる。
 ところが、彼女は自由奔放な生活をしていたのだ。ロック・バーで働き、ロック歌手兼ヌード絵描きの男と同棲している。
そこへオマが転がり込む。→ただでは済まない騒動が持ち上がることとなる。でも、これはまだ序章編だ。
 オマは、ローマの街歩きを始める。法王に会うためだ。バチカンに行き、列に並んでいたところ、老年の盲人がいて、気のいい彼女はつい順番を譲ってしまう。
 ところが・・・・。という展開だ。彼がロレンツオ。巧妙な詐欺師だ。盲目は見せかけ。オマはベスパ(ローマといえばこれだよね!)を乗り回すロレンツオを見て騙されたことに気づくというもの。
ところが相手も事情をかかえていて、とんだ「ローマの休日」となるのだ。
 さらにロレンツオの甥のレストランに行き、自らバイエルン料理の腕前を披露することに。
 そして心配性の娘マリーと、オマ、ロレンツオ、マルティナたちが絡んで、さらにローマ法王も巻き込んでの大騒動になっていくというものだ。
 オマの心の奥にしまい込んだ秘密がやがて明らかとなり・・・・・・。
 ところで、私には、ロレンツオに扮したジャン・カルロ・ジャンニーニはマストロヤンニと風貌が重なって見えてしまい、彼の甥の風貌は、「ライフ・イズ・ビューティフル」やジャームッシュの映画で知られる、あのロベルト・ベニーニばりに見えてしまうのだ、笑い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。