スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「グランドピアノ 狙われた黒鍵」

 題名に興味を引かれたので、レンタルしたもの。
 それと、出演がジョン・キューザック、イライジャ・ウッドとあったので何だか面白そうだと思ったわけ。
 見終わっての結論は、まさに題名通りだった、笑い。早めにネタバレがあるので、一気に結論は予想できてしまうのが物足りない。
  ○ ストーリー
 冒頭は、とある倉庫へ男たちがやってきて、大きな荷物の運搬が始まる。つまり、ピアノを運び込んでいる絵である。続いて、トム・セルズニック(イライジャ・ウッド)が機中でアンラッキーなことを口走る。そして、このピアニストらしい青年はコンサート会場へ向かうのだ。
 妻は、有名な売り出し中の女優で、彼は5年前にコンサートでミスをし、久しぶりで復活コンサートをやるらしいことが判明してくる。ここらあたり、どのような展開になるのか興味津々だ。期待を抱かせる。・・・・ここまではケータイ電話でのやりとりでストーリーが端的にまとめられている。テンポはなかなかいいと思う。
 続いて、彼は会場に入り、裏方さんや、指揮者や、オーケストラのメンバーとの旧交を温めたりする。ところが、楽屋には「ミス・タッチ様」という落書きがあり、トムの不安は募っていく。サスペンス・タッチの展開だ。
 一方で、妻は友人たちと指定席のことでちょっともめたりして、彼女だけの指定席に座って開演を待っている。
 やがてアナウンスが入り、開演が知らされる。
 ところが、不思議なことに、トムはリハもなしにいきなり演奏に入るのだ。例の運び込まれたピアノの前に座り、鍵盤を拭いた後、弾き始める。そしてオーケストラも伴奏に入る。
 ○ 展開
 トムに渡された楽譜には、赤の矢印がついていて、「もし間違ったら君を殺す」と書かれてある。さらに「最後の4小節で全て終わる」、そして指示通りに、ピアノの休憩の間に楽屋にトムが入り、ケータイを受け取る。ここからはすべて見えない何者かがトムに話しかけ、命令するのだ。それが演奏の最中になされるのだから、確かに雰囲気はどんどん盛り上がっていく。指示通りにしないと妻エマを殺すと脅迫される。このあたり不気味でもある。どこかに潜むスナイパーはレーザー光線を当てていてそれがハラハラさせる。効果抜群だ。
 トムも友人に連絡する合図を送るが、逆に殺害されていく。最後は、指示された難曲(トムがミスをした因縁の曲)にまつわる別のピアニストの死やエピソードも挟まれて・・・・さらにエマも巻き込まれつつラストへ向かっていく。
 因縁の曲を弾くのか?そして弾くことがどんな結果をもたらすのか?割合あっけなく判明し、ちょっと肩すかし気味でもある。アクション・シーンもしっかりととられてはいる。スナイパーの正体が判明してからが平凡な動きになっていくのでちょっとゆるんでしまう。それが残念だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。