スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千種(ちぐさ)街道を経て雨乞岳への巻

 私とAさんはJRで能登川駅まで行き、Bさんの車で八日市まで向かいました。途中でいつもの山仲間のCさんを乗せる予定でした。ところが、ここでアクシデント!能面道路で待つCさんの姿が見えました。しかし、何だか変です。当然あるはずのリュックが無いのです。
 Cさんは「体調が悪くて行けない、気をつけて行ってください」とのこと。残念です。
 でも資料を預かって、われわれは待ち合わせの八日市図書館へと向かいました。 ここでDさんとFさんに合流。当初は2台の予定でしたが、結局1台の車で行くことになりました。
 307号線を通り、甲津畑へ。しかし、字の中に入ったので、道の狭いこと!ようやく字を抜け出して、イワナの管理釣り場から登山口へ到着しました。
025.jpg
 いよいよ今年の最初の山登りですw-。身が引き締まりますw-。千種街道から雨乞岳へのルートについてこんな丁寧な標識(上の写真)がありました。わかりやすいですねえ。
021.jpg
 これが登山口の林道入り口です。「クマ出没」の看板もありますねえ。5年ほど前に来たときは、この道を京都市の個人タクシー仲間の人たちが車で途中まで運転していました。今はご覧のように通行止めとなっていました。
 永源寺の奥の甲津畑からが登山口です。「千種」は「千草」とも書きます。往年の織田信長や蓮如さんにもゆかりの深い場所です。 この日は晴天、からりとして気持ちよい山歩きが出来ました。  
041.jpg
 橋の横手に駐車場があって、そこに駐車。すでにバスが2台ありました。Dさんによれば、永源寺町の主催する「千種街道ウオーキング」に参加する人々(70名募集)をここで降ろし、三重県側で乗車させる催しだそうです。つまり、それだけここは人気のコースということです。
 久しぶりなので、軽いストレッチをして、歩き始めます。本当に気持ちのよい日です。少し肌寒いので(これぐらいが登山には最適)、ベストや防寒着をわれわれは着ていました。写真のような山ツツジの花がきれいでした。
053.jpg
 標示板のように、道は緩やかな登りが杉峠まで続いています。戦国時代のその昔、行商で人々が三重県と滋賀県を往来し、兵隊もここを通りました。浄土真宗の蓮如さんも、信長に追われてこの街道を三重に逃れました。
 上の写真は、蓮如さんが一夜過ごした炭焼き小屋を復元したものです。竈の跡もあります。
 われわれもここで中に入り、入り口で記念撮影です、笑い。
 道の途中には、桜地蔵さんもあり、お参りをしました。川そばに道が続き、鉱山跡もあります。赤がね(銅)を掘った場所です。新緑がまぶしくて、写真下のようなシデ(ブナ)の大木もあちらこちらにあります。今はブナの芽吹きの季節です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。