スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローナ・バレット「本を隠すなら本の中に」

本を隠すなら本の中に (創元推理文庫)本を隠すなら本の中に (創元推理文庫)
(2014/07/14)
ローナ・バレット

商品詳細を見る

 お気に入りのミステリの第3弾ですwー。ローナ・バレットのシリーズものです。
 そういえば、ギリシャ旅行や桜のブログを書くのに忙しくて、本の書評を忘れていました、笑い。本の感想も久方ぶりです。
 ミステリ専門書を扱う店主(ハプント・ゴット・ア・クルーという店名)のトリシア・マイルズが隣で料理書専門店を扱う姉のアンジェリカと共に巻き起こすユーモアたっぷりのミステリです。『本の町の殺人』の3巻目です。
 今回は、学生時代のルームメイトだったパミーをめぐるトラブル→殺人という結果をもたらす。シリーズ1、2に続くパターンですが、それがとても興味深くて、登場人物たちの会話と行動についのめり込んでしまいました、今回も。
 パミーのあまりな振る舞いにトリシアは限界を越えて、遂に「出ていけ」と宣言。パミーは出ていくのだが、パミーはちゃっかりと次の仕事探しをしていて・・・・・。アンジェリカの店に雇われていた。アンジェリカは前回までの料理専門書店の他に「ブックト・フォア・ランチ」を経営するようになっている。そしてパミーが死体で見つかったのだ。
 捜査が始まり、いつものアダムズ保安官の代わりの保安官代理(今回は男性)がやって来て、捜査開始。トリシアは否応なくトラブルに巻き込まれていくといった具合だ。
 猫のミス・マープル、従業員のギニー、ボーイフレンドのボブ、親友デボラなどのお馴染みさんが内容を盛り上げていく。
 そして、犯人探しと事件を解明すべく、もつれた糸を解きほぐし、トリシアの推理はますます冴えわたっていくのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。