スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青崎有吾「水族館の殺人」

水族館の殺人水族館の殺人
(2013/08/10)
青崎 有吾

商品詳細を見る

 横浜にある私立風ヶ丘高校の写真部が「風ヶ丘タイムズ」の取材に訪れた水族館で、ある殺人事件に遭遇するというもの。見物客たちの目の前で起こった残酷で、むごたらしい場面でもあった。
 どうやら11名の職員たちの中に犯人がいるらしいのだが、全員にアリバイがあった。神奈川県警の仙堂と袴田が捜査にあたるが、完全に行き詰まって、裏染天馬を呼び出す嵌めになるというもの。
 前作「体育館の殺人」で大活躍の天馬が再び登場する。
 ストーリーは、袴田刑事の妹で卓球部所属の一年生袴田柚乃の目線で展開していくのも前作と同じ。夏休み中の卓球部の練習試合や、新聞部の水族館取材という学園ミステリっぽい背景も爽やかに描かれている。そして、部室に住みつく?訳ありの天馬の生態と謎にも触れながら、天馬が犯人の手口=トリックを見事に推理し、事件の解決に導いていくという展開である。
 このシリーズ続くんだろうなあ、次回も楽しみだ。
 水族館の館内の様子、職員達の勤務、そして道具類であるモップ、バケツ、トイレットペーパーなどなど、トリック破りと推理の解明が飽きさせない、若々しくてユーモラスなテイストの青春ミステリでもある。
 ただし、ラストの『静かなエピローグ』では、人間の生々しい欲望も示し、読み応えがある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

青崎さん、なかなか面白い話を書く作家さんですね。私もこのシリーズ好きです。
三巻目は短編でコージーミステリーっぽくなってますので、ぜひお読みください。

これからが楽しみな作家さんでありますし、これからどっちへ舵を取っていくのか気になるところでもあります。

No title

 paraさんへ 〉 3冊目出ているんですか?チェックしてなかったですw-、苦笑い。コージーですか?私の好きな分野でもあります。今度読みます。ただし、まだたくさん読みたい本をかかえていて・・・・。まだ若い人なので、どう化けるか楽しみでもありますねえ。
プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。