スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暁のガンマン」:懐かしのマカロニ・ウェスタンの巻

「マカロニ・ウエスタン」3枚セットDVD Vol.2 「荒野の1ドル銀貨」編「マカロニ・ウエスタン」3枚セットDVD Vol.2 「荒野の1ドル銀貨」編
(2010/11/26)
ジュリアーノ・ジェンマ、トニー・アンソニー 他

商品詳細を見る

 おお、懐かしのマカロニ・ウェスタンの巻ですw-。クリント・イーストウッドやジュリア-ノ・ジェンマ、アンソニー・シュテファンなどが活躍した時代の西部劇だ。
 馴染みのレンタル店に行ったら見かけたので、とりあえず1枚ゲット。それがこれ。
 ジュリア-ノ・ジェンマの魅力が十分に発揮されている。観たような観ていないような、記憶が曖昧だが。
ストーリー: のっけから広い草原で、馬車がならず者の集団に追いかけられ襲われている場面だ。そして情け容赦なく皆殺し・・・・・これこそマカロニ・ウェスタンの醍醐味だよな。西部劇の勧善懲悪を地でいく展開だ。低予算ながら、辛気くさく理屈っぽくなったアメリカ製の西部劇に飽きたらず、本道?をひたすら突っ走るテイストだ。観ながら、あ、これは香港映画が盛んな頃のワイルドさと自由奔放さに似ていると思った。韓流も初期はそんな奔放さがあったよね。
 そして、甘いマスクに独特の哀愁感をもつティム(ジュリアノ・ジェンマ)が登場し、遺体を埋めていると、通りがかった元鉱夫のハリーが手助けをする。しかし、ティムは、ハリーの持つ金塊を興行師一座のために詐欺の手口でだまし取るといった具合。ころりと騙されたハリーは怒りながらもティムの相棒となっていく。これの繰り返し。
 ティムを追う追っ手は、各町で彼を追い続ける。「追う者と追われる者」、これも西部劇の常道だ。
 また、急ごしらえの町では、詐欺まがいの興業(人魚姫の興業には笑える)や電信詐欺、「SALOON」と書かれた酒場で、酒、女、いかさま賭博、そしてケンカの光景が繰り広げられる。これも典型的なパターンだ。文句なしにこれが面白いのだ!ロドリゲス監督でタランティーノが出ている「フロム・ダスク・ティル・ドーン」と共通性をもつハチャメチャ場面のあほらしさだ。
 ジェンマもコミカルな面とペテン師の側面を遺憾なく発揮、相方ハリーとの駆け引きもクールでいながらコミカルだ。そして、女たらしの側面もいかんなく発揮する。登場する女性たちは美人で妖艶だ。
 そして追っ手と対決する肝心な場面では、ガンの腕裁きをカッコ良く決める、といった具合だ。
 いやー、面白い、これでは嵌ってしまうねえ、笑い。
 音楽は、これもなつかしいエンニオ・モリコーネ。これもいい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。