スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西部 忠「貨幣という謎」

貨幣という謎―金(きん)と日銀券とビットコイン (NHK出版新書 435)貨幣という謎―金(きん)と日銀券とビットコイン (NHK出版新書 435)
(2014/05/08)
西部 忠

商品詳細を見る

 見たところ経済に関する入門書の体裁をとりながら、その実深い経済の理論を丁寧に解説されている。新聞各紙の書評で取りあげられていることでもそれは明らかであろう。
 序章は、『貨幣という謎-貨幣がわかれば経済がわかる-』: 経済とは何か、市場と貨幣について問題提起をしておられる。そして、貨幣を「もの」と「こと」として分析しますよと、導入されているのだ。
第一章では、それを引き継ぎ、現在の市場での貨幣の役割、そして一般均衡理論の紹介と、その限界を指摘。お金を軽視してきた経済学という挑戦的な文言も続く。
 そして、第二章では、「観念の自己実現」としての貨幣として、日銀券とビットコインを例示して比較、第三章では、貨幣につきまとう病として、トルコやイギリスやフランスなどの有名なバブルの例を歴史的にたどって分析の対象にしておられる。
四章と五章では、資本主義に内在する不安定性と危機について、警告と未来像を提起しておられるのがとても面白い。毎日新聞の書評では、ハイエクとケインズを取りあげて書かれていたが、それは私にはよく理解できない。いずれにしても、面白くてためになる経済の本として読ませてもらった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。