スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「THE KILLING シーズン1のラスト」

 長かったけれど、いよいよラストだ。19話・20話: 11月20日。逃亡中のハンスは自殺した姿で発見される。もうこれで再び、捜査が打ち切られようとする。 
 だが納得できないのがサラ、もう一度、サラとマイヤーはナナ殺害の現場に戻り、再調査しようとする。犯人らしき男を二人が追い詰めるが、一足違いで、マイヤが銃撃されてしまう。瀕死の重傷で、病院へ担ぎこまれる。
 検事局はサラを拘束し、その責任を追及する。行き詰まったサラは夫に助けを求める。偽の診断書により、ようやくサラは解放される。
 改築中の地下室から、アントンがナナの血まみれのパスポートを見つけ、ヴァウンに話す。ペニレたちにも話すが、翌日パスポートは消えていた。ここら辺で真犯人がわかり、結末も見えてくるといった具合だ。
 ハートマンのリーへの疑惑は深まり、市長との最後のテレビ討論会に臨む。しかし、彼は脳卒中で倒れてしまう。
 マイヤが病院で死亡。真実を知るため、彼の妻にサラは会いに行く。最後の言葉は、「サラ」と「84」だった。これは何を意味しているのか?緊迫感がある。
そして、遂にそれを突きとめる。この辺はネタバレバレなので省いておく、笑い。
 真犯人とタイスとの対決、そしてサラとペニレと警察とのクライマックスだ。全く大団円だ。ここまでが長い、でも見応えがあった、見事なドラマで、ミステリだ。しかし、疲れた、笑い。ドラマが本にもなっている。でもドラマ→本にまとめる、といったプロセスを経ているので、ドラマを観た方がいい。「ミレニアム」とは逆だ。ようやくおしまいです。これで安心して眠れる、笑い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。