スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「THE kILLING シーズン1の⑧」

 うかつにも⑦をとばして、⑧⑨⑩をレンタルしてしまった。まあいいか、笑い。
15話・16話: ハートマンが連立を組もうとしたホルクが容疑者として浮かび上がってくる。サラ・ルンドは単身で乗り込んでいく。しかし、逆に何者かに襲われ、監禁されてしまう。
 ペニレは自分を失い、酒場で知り合った男と行動を共にすることに。
 サラはホルクヲ説得しようとするが、失敗。危機を脱する努力をし、マイヤが駆けつけることに。しかし、マイヤは彼を射殺してしまう。
 警察はこれで一件落着をはかるが、ベングトがサラの元に戻り、もう一度プロファイルをやり直すことに。どうやら別に真犯人がいるらしい。マイヤがホルクの口座を洗うと証拠品が出てくる。しかし、サラは納得できなくて、15年前の行方不明の女性の行方を調査し始める。その女性メッテの父親を訪問し、彼女の写真からナナと同じネックレスを見つける。実はベングトも独自で調査し、サラの上司に報告をしていたという。しかし、警察は幕引きをはかろうとし、捜査の打ち切りを告げ、サラを停職処分にしてしまう。この辺も緊迫感のある展開だ。
 しかし、サラの元にある人物が証拠品のテープの入った封書を置いて立ち去る。またもや謎が深まるのだ。
 釈放されたハートマンと市長は全面対決となる。
 一方、タイスは改築中の家を売ることを決意。そこへナナの幼馴染みのアミールが訪ねてくる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。