スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大倉貴裕「福家警部補の報告」

 東京創元社。福家警部補シリーズの第3作にあたる。同名の「挨拶」(テレビ放映中)、「再訪」に次ぐものだ。この本には、3つの中編が収められている。
禁断の筋書(プロット)』: 河出みどりが三浦真理子を殺害する。かつて二人は、無名時代に同人誌を出していたが、現在では、みどりは売れっ子の少女漫画家、真理子は遣り手の編集者。この二人の対立から殺人へ至る行動を冒頭で描く。巧妙なアリバイづくりと証拠隠滅を図るみどりに、福家が執拗に食い下がっていく。意外に福家はみどりの熱心なファンで、その蘊蓄がうかがえて面白いのだ。
少女の沈黙』: 珍しく元ヤクザとヤクザが多数登場する暴力的なテイストの中編だ。元ヤクザの菅原が非道な誘拐を企てた昔の仲間二人を正義感から惨殺する、血みどろのシーンから始まる。福家は、例によって冷静に菅原をマークし、アリバイ崩しを徹底する。福家の思いがけない度胸と推理に脱帽だ。ラストは爽やかな味わいがある。尚、テレビの福家(檀れいが演じている)と違い、ここでは彼女は「縁なし眼鏡」となっていて、金欠に悩み、忘れ物だらけの1面も披露している。
女神の微笑』: 銀行を襲撃する計画を立てた3人組の男たちが、ある老夫婦の仕掛けた爆弾によって殺される。この謎の老夫婦を福家は綿密な捜査によりつきとめ、彼らに肉薄する。完全犯罪をもくろむ夫婦と福家との知恵比べが見ものだ。
 ラストで、次の作品につながるセリフがあり、楽しみだ。次回作に大いに期待する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。