スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石持浅海「心臓と左手」

心臓と左手  座間味くんの推理 (カッパ・ノベルス)心臓と左手 座間味くんの推理 (カッパ・ノベルス)
(2007/09/21)
石持 浅海

商品詳細を見る

 石持さんの独特の、「安楽椅子探偵」の明晰な推理が冴える短編集である。
 つまり、沖縄でのハイジャック事件の折、勇敢にも一人でハイジャック犯に向かっていった男性=「座間味くん」が、警視庁の大迫警視(特殊犯罪担当となっている)と語る形式をとっている。
 前回の短編集は、飲み屋やレストランで事件の概要を女性の刑事を交え、大迫警視から概要を聞き、座間味くんが事件に隠された本当の意味、そして意外なサジェスチョンを与えるという切り口の、ある意味で本格派のミステリであった。今回も同じ形式を踏む。書店で待ち合わせ、二人が飲食しながら話を進めていくというもの。
 ここでは7編が収められている。最後の1編を除いて、久しぶりで座間味くんに出合った警視が、彼を小料理屋に誘い、事件の話をきりだして、彼に意見を求めるという形で展開していく。
『貧者の軍隊』: 新宿の書店で見かけた座間味くんと再会、小料理屋に誘う。表題の過激派のテロ事件に関する話。テロ活動の拠点のマンションを警察が捜索。そこでグループの一人が密室殺人のような状況で死んでいた、というもの。座間味くんの密室トリックの解明、そして真犯人の指摘は鋭い。
『心臓と左手』: いつもの書店から海鮮料理の店へ。今回は、新興宗教に関わる事件だ。教祖が3人の信者により左手を切り取られ、胴体を切り裂かれていた。そして3人が互いに相手に切りつけたという。この一見むごたらしい事件を、座間味くんが例の調子で警視から細部を聞き出して事件に潜む謎を明るみに出す。ラストはユーモラスなテイストも用意されている。
『罠の名前』: 過激派組織「PW」に踏み込んだ警察の目の前での二人の人物の死。表面に見えていなかった裏の真実を、例によって焼き肉屋で警視から話を聞きながら、座間味くんが見破るのである。意外性が面白い。
『水際で防ぐ』: 一夜干しの美味しい店でビールを飲みながら、警視が環境保護団体のかかわる事件を説明していく。昆虫に隠された人間達の営みが見事に暴かれる話だ。
『地下のビール工場』: 貿易会社の社長が、地下の自家醸造のタンクで死んでいた。単なる平凡な事件の裏の隠されたとんでもない要素とは?警察の捜査の盲点をつく意外性のある結末が素晴らしい話。
『沖縄心中』: 大学の助手の女性と、その相手のアメリカ人との服毒自殺。そこに絡んだ沖縄の現状と、個人の影の側面を、炉端焼きの店で、座間味くんが警視の話から鋭く見破っていく。
『再会』: 昔のハイジャック事件の当事者の娘が成長し、沖縄に行って座間味くんと再会する。彼女の家庭の問題と、これからの将来のことが書かれた話。今までの事件の解明のトーンとは違った話である。
スポンサーサイト

「小説 野性時代」の『経済小説』tp『お仕事小説」の巻

小説 野性時代 第129号 (新野性時代)小説 野性時代 第129号 (新野性時代)
(2014/07/11)
角川書店編集部

商品詳細を見る

 ふと図書館で手に取り、面白そうだなと思って読んでみた。特集のタイトルに惹かれた感じとでも言えばいいかなあ?
 内容は、まず『対談』で、高杉良と佐高信が「経済小説の可能性」について話している。経済小説というぐらいだから、元来ビジネスマンが読んでいたイメージが強い。ところが、テレビドラマの半沢直樹が大ヒットして以来、フィールドが拡大して「お仕事小説」というふうに変化?してきているということがおぼろげながら理解できた。幸田真音、池井戸潤への系譜が語られている。 
 そしてもっとわかりやすいのは、大矢博子の「『経済小説』『お仕事小説』の軌跡」だ。これによれば、企業小説、経済小説と呼ばれるジャンルがあり、職業ものは、大正期のプロレタリア文学にまで行きつくとしている。
 城山三郎、梶山季之、そして山崎豊子「華麗なる一族。ありましたよねえ。それから高杉良、堺屋太一・・・・。平成に入って、幸田真音、石田衣良、荻原浩「神様からひと言」とくれば分かり易い。奥田英朗とくれば尚更。これらは読んでいるからだ。そしてそして垣根涼介「君たちに明日はない」、桂望実「県庁の星」、山本幸久「凸凹デイズ」。これならわかるわかる、笑い。
 さらに21世紀になると、荻原浩「メリーゴーランド」、高殿円「トッカン」、三浦しをん「舟を編む」、佐藤青南「消防女子!!」、奥田英朗「ガール」、そして篠田節子「女たちのジハード」。おー、ここまで入るのかと感心する。新野剛「あぽやん」シリーズにいたってはこの分析分かり易いなーと思った。
特別読み切りの安藤祐介「無敵社員」は、ブラック企業をテーマにした笑えない話だ。
 読み切り小説の窪美澄「砂のないテラリウム」ある夫婦の危機を扱って読み応えがある。

乾緑郎「機巧のイヴ」

機巧のイヴ機巧のイヴ
(2014/08/22)
乾 緑郎

商品詳細を見る

 時代物に独自の切り口と語り口を切り開いた乾さんの傑作短編集。5編が収録されている。それぞれが独立した話ではあるが、繋がりも深い話ともなっている。なお、表題はギリシャ神話にも由来するネーミングだが、読み進むと違和感なく受け入れられるから不思議だ。
 テーマは機巧人形(オートマタ)である。つまりロボットだ。主たる登場人物は、幕府精煉方手伝の釘宮久蔵、その家に同居する謎の女性伊武(イヴ)、そして3話目から登場する公儀隠密の甚内、あとは機巧人形。
『機巧のイヴ』: 各ミステリ誌でも評価の高い傑作短編だ。蟋蟀(こおろぎ)を戦わせる闘蟋と、遊女に似せた機巧人形(オートマタ)を作る依頼が久蔵に持ちこまれる。巧みなストーリーテラーの乾さんの語り口は見事だ。
『箱の中のヘラクレス』: 表題通りのヘラクレス=力持ちが登場する。天徳鯨右衛門の生と死がきびきびとした展開で語られる。ちょっと悲しい後味をもつ話でもある。
『神代のテセウス』: ギリシャ神話の中核ともなるテセウス伝説をふまえた話。公儀隠密の甚内が調べる公金の行方が意外な方向に発展していく。からくり屋台の描写とか、伊武との出会い、そして神代の神器とは?天帝の正体とは?スケールの大きな話に広がっていく。
『制外のジェペット』: 表題からは「ピノキオ」のジェペットじいさんを思い出す。甚内は天帝の秘密を知り、甚内にもある変化が起きて・・・・という展開だ。もちろん久蔵と伊武も深く関係してくる。
『終天のプシュケー』: 人と魂と機巧人形(オートマタ)をめぐっての久蔵の悩みが描かれる。果たして人間らしい感情とは?そして甚内が引き継ぐ久蔵の願いとは?いよいよクライマックスとなる展開。

愛川 晶「十一月に死んだ悪魔」

十一月に死んだ悪魔十一月に死んだ悪魔
(2013/09/25)
愛川 晶

商品詳細を見る

 愛川さんの新境地を開くミステリ。このFC2の以前のブログでも愛川さんのミステリはな何冊か紹介してきたが、従来は美少女代理探偵シリーズや、そして何といっても落語ミステリの傑作の神田紅梅亭シリーズがある。これは綿密で、しかもユーモアたっぷりのミステリであった。
 今回は、高橋克彦さんの「ドール」をおもいおこさせる面と、ホラー色をまとったミステリといえるだろう。そうして改めて本のカバーを見ると、この無表情な女性の写真は意味深なものがあると思えてくる。
 作中作で話の奥行きを持たせるのはミステリの常道?でもあるが、『空間』『骨董』『吾妻型人形』などの各文章が、おどろおどろしいホラー的要素をふりまいている。
 そして、心理学上の言葉である「解離性障害」とか「イマジナリーコンパニオン」「解離性フーグ」「鏡文字」とか難解な概念もちりばめられている。もっとも「鏡文字」ぐらいは理解できるけれど。
 幾つかの重要な挿入はあるが、話は主人公の柏原育弥(かしわばらいくや)、ペンネームが碧井聖(あおいさとし)の言動を中心として進んでいく。彼はすでに30数冊の本を書き、微妙な立ち位置にあるホラー系の小説作家で、家庭は半ば破綻状態。その彼の周辺に、中学時代のある少年の面影をもつ不可思議な若い女性が現れ、彼の負の側面が次々と明らかになっていくという展開だ。
 負の側面とは、ネタばれになるから詳しくは書かないが、彼の書く小説の内容と、彼の少年期からの「ある過去」、江戸時代の吾妻人形、そして編集部の担当者による心理的分析と作中作の関係が、中盤までは別個に存在しているように見せかけて、最後に繋がってくるという構成だ。
 ホラー系は苦手だが、最後まで読ませる作品だ。

大倉崇裕「蜂に魅かれた容疑者」

 
蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係
(2014/07/10)
大倉 崇裕

商品詳細を見る

 大倉さんのユーモア・ミステリに分類できるものだ。ある意味で、表題通り「蜂」が主人公であるともいえる。
 強面で、元警視庁捜査一課の須藤友三。現在は総務部総務課の動植物管理係という奇妙な(珍妙な?)部署にいて、唯一の部下は田丸弘子。彼と、警察博物館勤務の薄(うすき)圭子の珍妙コンビが大活躍するというものだ。
 すでにヨーム事件(動物たちを扱ったミステリ短編集の中の傑作で、本編中ひとこと触れてある。このブログでも紹介済み)で二人の鮮やかな推理と行動が実証されている。
 今回は、背景に「ギヤマンの鐘」という、いかにもカルト集団を思わせる(オウム真理教事件をおもいおこさせる)宗教集団の暗躍があり、警視庁の鬼頭管理官が狙撃された重大事件がある。
 山歩きの青年が、偽の道標に迷い、凶暴なスズメバチに刺された被害や、高速道路でアルファロメオの二人乗りの男達が蜂の入った箱を投げ込まれて衝突事故を起こしたり、郊外の路線バスでの蜂騒ぎとか、母子の散歩中での蜂の襲撃とか、蜂にまつわる事件が頻発。
 これは蜂を使ったテロなのか?それとも個人的な恨みの事件なのか?動植物に詳しい圭子が、ユーモラスな会話を須藤と交わしながら事件の核心に迫っていく、というものだ。
 「福家警部補」のシリーズで実証済みの大倉さんのトリック?と謎解きが冴える。
 他の登場人物として、須藤の部下の田丸弘子、赤磐署の巡査部長田之倉、鬼頭管理官がそれぞれ個性的な存在感を見せる。

青崎有吾「水族館の殺人」

水族館の殺人水族館の殺人
(2013/08/10)
青崎 有吾

商品詳細を見る

 横浜にある私立風ヶ丘高校の写真部が「風ヶ丘タイムズ」の取材に訪れた水族館で、ある殺人事件に遭遇するというもの。見物客たちの目の前で起こった残酷で、むごたらしい場面でもあった。
 どうやら11名の職員たちの中に犯人がいるらしいのだが、全員にアリバイがあった。神奈川県警の仙堂と袴田が捜査にあたるが、完全に行き詰まって、裏染天馬を呼び出す嵌めになるというもの。
 前作「体育館の殺人」で大活躍の天馬が再び登場する。
 ストーリーは、袴田刑事の妹で卓球部所属の一年生袴田柚乃の目線で展開していくのも前作と同じ。夏休み中の卓球部の練習試合や、新聞部の水族館取材という学園ミステリっぽい背景も爽やかに描かれている。そして、部室に住みつく?訳ありの天馬の生態と謎にも触れながら、天馬が犯人の手口=トリックを見事に推理し、事件の解決に導いていくという展開である。
 このシリーズ続くんだろうなあ、次回も楽しみだ。
 水族館の館内の様子、職員達の勤務、そして道具類であるモップ、バケツ、トイレットペーパーなどなど、トリック破りと推理の解明が飽きさせない、若々しくてユーモラスなテイストの青春ミステリでもある。
 ただし、ラストの『静かなエピローグ』では、人間の生々しい欲望も示し、読み応えがある。

ジェンマの「続・さすらいの一匹狼」の巻

続・さすらいの一匹狼 [DVD]続・さすらいの一匹狼 [DVD]
(2014/09/24)
ジュリアーノ・ジェンマ、イヴリン・スチュワート 他

商品詳細を見る

 ジェンマの主演作。今まで紹介してきたジェンマの作品の中では、ちょっとストーリー展開が退屈かな?
 二人の男が出合い、牛の取引をする。牛を買ったのがブレント=リンゴ・グリンゴでこれがジェンマだ。相手の男ジルは、「俺の故郷はウェスタン(西部)だ」なんて気障なセリフを吐く。そして主題歌が音高くかぶさり、期待が高まる。
 彼が牛を連れ、町に行くと、牧場主が俺の牛だ、お前は牛泥棒だと告発。先に銃を抜いて、妻の目の前でリンゴの返り討ちに遭う。しかし、妻の告発で町中を敵にまわし、お尋ね者となってしまうのだ。
 リンゴは無実を誓い、ジルを連れ帰ると約束して町を去る。
 途中で、縛られ強姦されていた女性ルーシー救う。印象的な場面でもある。近くの町に連れて行き、医者に診せるが、町中の好奇の目にさらされる。娘は牧師の娘で、駅馬車で帰るところを襲われたのだ。
 犯人は3人組で、ジルも仲間であった。しかもうち一人が大地主の一人息子で、父親は息子をかばい、逆にお尋ね者となったリンゴを告発しようとする。ドクターと保安官、ルーシーとリンゴの4人で多人数と戦うのであった。

ジェンマの「星空の用心棒」もいいねの巻

星空の用心棒 [DVD]星空の用心棒 [DVD]
(2011/08/26)
ジュリアーノ・ジェンマ

商品詳細を見る

 ジェンマのマカロニ・ウェスタンの作品だ。ウィンチェスター銃をもった騎兵隊員の角笛が鳴らされ、その合図で爆破のシーンが。そして強制労働で働かされる囚人達の様子が写される。鎖に繫がれた囚人達が牢獄に戻るが、二人の男が示し合わせて脱獄をする。「あのモンテクリスト伯」をベースにしたもの。
 一方で、メキシコ人が支配するサクラメントの町。冷酷で非情なボスのコッブ、部下で元床屋のゴメス。彼らはメキシコ人の武器を密輸して大金を稼いでいる。しかし、脱獄者を昔の犯罪の件で怖れている。
 怖れられている脱獄囚バーネットがジェンマだ。この町の保安官もコッブらとつるんで昔の犯罪に手を染めていた。彼の妻がドリー。大変な美女だ。
 復讐のためにバーネットが乗り込んできて、ゴメスにボサボサ頭を切り、ひげ剃りをせよと命令。二人の会話で無実の罪で陥れられたことが判明、バーネットが鉄道経営者の息子だとわかる。前半の見どころだろう。
 そして、インチキ医術ショーの父娘がいて、バーネットが二人の危機を助ける。西部劇の見どころの美女二人がそれぞれ活躍をするという構図だ。
 後はお決まりのSLの登場。武器を運んだりと機関車も大活躍する。無実の罪を晴らすための裁きの場面と、悪との対決シーンがクライマックスに控えている。銃撃シーンは文句なしに面白いのだ。

ユッシ・エーズラ・オールスン「特捜部Q 知りすぎたマルコ」

特捜部Q ―知りすぎたマルコ― ((ハヤカワ・ポケット・ミステリ))特捜部Q ―知りすぎたマルコ― ((ハヤカワ・ポケット・ミステリ))
(2014/07/10)
ユッシ・エーズラ・オールスン

商品詳細を見る

 待ち遠しかった人気シリーズの第5弾だ。今回もスリリングな展開でテンポも速い。
ストーリー: 出だしはアフリカ。何故かというと、ODAで発展途上国への援助プランがあり、巨大な援助金がデンマークから現地に送られている。巨大マネーをめぐっての腐敗構造(担当の部局と現地の私腹を肥やす連中など)が示される。一方で、クラン(一族)で生活する少年マルコが今回の主人公だ。クランといっても、とんでもない犯罪者集団で、スリ、かっぱらい、そして・・・あらゆる犯罪に手を染めている悪の集団だ。
 聡明なマルコはこのクランからの脱走をはかり、コペンハーゲンで潜んだ生活を送るが国際的な陰謀にも巻き込まれ必死の逃亡生活を余儀なくされる。
 いつものQのメンバーであるカール・マーク、アサド、ローセに加え、新入りのゴードンがそれぞれ独自の味わいを見せる。ユーモアとかれらの会話のやりとりが実に楽しいのだ。それがこのシリーズの魅力でもある。カールの喜怒哀楽の激しい性格、そして付き合うモーナに決別され、図書館で出会ったリスベトと一夜を共にして・・・という展開もなかなかのものである。
 さらにマルコを追うプロの殺し屋集団(東欧系とアフリカ系)が入り乱れて、ハラハラドキドキのアクションも目を離せない。
 悪役のレニ・イーレクスンの行動も詳細に描かれており、構成要素のポイントの一つでもある。
 作者の筆が冴えているので、次が楽しみだ。

「荒野の用心棒」は何度観ても面白いの巻

荒野の用心棒 [DVD]荒野の用心棒 [DVD]
(2002/08/23)
クリント・イーストウッド、マリアンネ・コッホ 他

商品詳細を見る

 マカロニ・ウェスタンの古典の古典だ。クリント・イーストウッド、セルジオ・レオーネ、エンニオ・モリコーネの黄金のコンビの作品。
 出だしから、あのメロディーが流れ、流れ者のジョーが姿を見せる。苦み走った表情の、いかにも訳ありのガンマンだ。場所はメキシコとの国境近くの町。ここでは、2つの勢力が対立している。男は、その情報を巧みに知り、何らかの動きをねっていることが観ている者に理解できる。
 特にメキシコ人の冷酷な兄弟の振る舞いや、アメリカ人の保安官一家にも焦点を当てている。そして、町は至る所に死者ばかりで、ならず者以外の男は、葬儀屋と棺桶職人のみが残されているのだ。
 ラストに近く、男とならず者たちとの行き詰まる対決シーンが始まるといった具合。映画の見どころが満載だ。

ジェンマの「怒りの荒野」はやはり傑作だの巻

「マカロニ・ウエスタン」3枚セットDVD Vol.3 「怒りの荒野」編「マカロニ・ウエスタン」3枚セットDVD Vol.3 「怒りの荒野」編
(2010/12/25)
ジュリアーノ・ジェンマ、アンソニー・ステファン 他

商品詳細を見る

 えー、これは断然マカロニ・ウェスタンの傑作ですw-。ジュリア-ノ・ジェンマの作品の中でも初々しくて見どころ満載。リー・ヴァン・クリーフも野性的で、あの鋭い目が画面に映える。1967年の作品だが、何回観直しても映画の勘所を押さえていて、見飽きない。
 メキシコに近い西部の町で、母子家庭で育ち、「娼婦の子」などと蔑まれ、便所掃除やゴミ集めで日々を暮らす青年スコットがジェンマだ。そこへタルビーという目つきの鋭いガンマンが出現する。リー・ヴァン・クリーフも格好いい!そしてスコットは彼に惹かれ、町を出る。その修行で、ガンマンの十箇条を叩き込まれる。なるほどと思うところだ。
 一方、スコットを見守ってきたかつての保安官マーフ・アランは、「ガンマンの時代は終わった」と青年に教えるが、彼は耳をかそうとしないのである。そして町の悪役達とガンマン同士の因縁の対決にスコットも巻き込まれ、その腕を発揮する。
 しかし、最後に男同士の対決があり、それが見せ場にもなっている。

マカロニ・ウェスタン「夕日の用心棒」の巻

夕陽の用心棒 [DVD]夕陽の用心棒 [DVD]
(2011/02/25)
ジュリアーノ・ジェンマ、モンゴメリー・ウッド 他

商品詳細を見る

 これもジェンマの特徴をしっかり行かした作品だ。エンニオ・モリコーネの音楽が作品を盛り上げている。
 保安官役のモンゴメリー・ウッドもいい。ジェンマは、リンゴ役。町の牢に囚われている。平和な町に、メキシコ人の暴れ者を率いるサンチョがやって来て、銀行を襲い大金を奪う。
 大牧場主の娘と婚約中の保安官が追跡するが、悪賢い彼らは、かの牧場と大邸宅に立てこもる。ここから追う者と追われる者との死闘が始まることになる。この難しい局面で、リンゴの手助けが必要となる。しかし、抜け目のないリンゴは報酬を要求。人質となった牧場内部では、保安官の許嫁、そしてサンチョの女の二人の美女の駆け引きと対立も面白く描いている。
またリンゴが強盗団を騙したり、騙されたりの駆け引きにも味があるのだ。ボスのサンチョのコミカルさと残酷さの演技も見ものだ。充分楽しめるウェスタンでもある。

マカロニ・ウェスタン「新さすらいの用心棒」の巻

新・さすらいの用心棒 ベン&チャーリー [DVD]新・さすらいの用心棒 ベン&チャーリー [DVD]
(2014/09/24)
ジュリアーノ・ジェンマ、ジョージ・イーストマン 他

商品詳細を見る

 ジュリア-ノ・ジェンマのウェスタンもの。主題歌もとても雰囲気が出ている。ジェンマがお得意のコミカルで、かっこの良さを最大限発揮する作品。マカロニ・ウェスタンの傑作の一つだと評価する。
 刑務所に服役するベン(ジェンマ)、彼を待つチャーリーとの再会と相棒としてのやりとりが、迫力満点。そしてコミカルに展開する。仲が悪そうで、しかしどこか憎めない二人の行動。このへんの描き方が巧い。
 そして西部での荒々しい雰囲気のなかでのいかさまトランプ、詐欺、見せ物、乱闘などの見せ場も多い。女も絡む。美女サラがジムと出会う。その人生哲学を地でいく言葉とやりとりはなかなか見せるラブ・シーンでもある。
 相棒二人は銀行強盗を計画し、大金を手にすることに成功するが、結末は・・・・・、というもの。

「オン・ザ・ロード」

オン・ザ・ロード [DVD]オン・ザ・ロード [DVD]
(2014/03/19)
サム・ライリー、ギャレット・ヘドランド 他

商品詳細を見る

 ビートニクを代表する作家ケルアックの「オン・ザ・ロード」を映画化したものだ。ロード・ムービーである。作者の分身でもある主人公のサル、彼が影響を受けるディーン、そしてカーロ、彼らと付き合う女性達との友情と触れ合いの物語でもある。
 作家をめざしているサルは、父を亡くし、その失意のなかで、ディーンを知り、彼の奔放な生き方を目にして全米各地を放浪する旅に出て行く。まさに路上=オン・ザ・ロードを地でいく。ヒッチハイカーとして自由にニューヨークから、モンタナ、カリフォルニア、南部へと旅は続く。そしてまたも各地において、彼らとの自由な生活=酒、マリファナ、薬、女、ジャズ、同性愛に耽溺していく。
 時代は第二次大戦後の40年代後半~50年代初め。ビートニク→ヒッピーへと繋がる時代だ。
 たとえ旅で朽ち果てようとも、欲望のままに生きていく、そんな時代の空気を反映した、それでいてみずみずしい青年像を描いている。そして50年代に入り、青春期を過ぎた時期のディーンとの別れは胸を締め付けられるようだ。ここにおいて、サルは、旅のメモから一気に自分たちのことを文に書き始めるところで映画は終わっている。
 日本なら、戦後の焼け跡、闇市の物資欠乏の時代であり、そして占領政策がようやく終わりを告げる時期にあたる。ビートニク文化が影響してきたのは、日本ではもっと後のことだ。
プロフィール

サマンサどら猫

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。