スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル旅行 トマール→ポルト

P1020399.jpg
 修道院の建築は、この写真のようなマニエル様式のロマネスク式が中心で、12世紀から16世紀の建築様式が複合的に築かれていて広大な敷地に配置されています。豪華な感じがします。これは、甲殻類、綱、海藻、鎖がほどこされ、エンリケ航海王子以来の大航海時代を象徴しているようです。
P1020411.jpg
 これは収穫祭に使われる供物で、30kgもあってこれを若い女性が頭に載せて練り歩くものです。
P1020413.jpg
 これは売店にあった本です。テンプル騎士団のイラストが入っていますね。
P1020431.jpg
P1020432.jpg
 次の目的地はポルトです。その昔、「赤玉ポートワイン」がありましたが。あのポート=ポルトです。港町で、今は「ポルト・ワイン」の重要な産地であり、積み出し港でもあります。われわれのツアーでは連泊します。
 2枚の写真は、サン・ベント駅のアズレージョ(陶器製の壁画)です。ポルトガルはカトリックが大多数で、聖書の物語や歴史上の戦争が描かれています。
 夕食はホテルのレストランでのバイキング形式の料理でした。夜景を観賞したので、料理は冷めていて、その分不満が残りました。
スポンサーサイト

ポルトガル旅行 映画と音楽、そして、リスボン空港→トマール

 ドバイの夜明けを目の当たりに見ながら、離陸。リスボンに向かいました。
 なにしろエコノミー・クラスなので機内は、狭い、退屈ですw-。なので、目の前のモニターに頼ることになります。しかし、関空からドバイまでは、私のモニターの調子が悪くて、写らないのです。よりにもよってアンラッキー、最悪でしたよ。まあ夜なので、ほとんど寝ておりましたが、笑い。
 ドバイからは、調子よくモニターのお世話に。好きな映画の視聴は、まず「ジュラシック・ワールド」。お馴染みのシリーズですね。でも、恐竜をよみがえらせる技術の悪用とマネジメントの貪欲さを最初は突いていて、なかなか鋭い視点もありますね。つまり金儲け主義への批判?もあると解釈しました。中盤以降は、少年たちの叔母である主人公の女性がやり手のキャリア・ウーマンであったのが、事態の急変にともない、変化して危機対応に雄々しく?立ち上って協力し・・・・という、お決まりのハリウッド・スタイルとなっていきます。
 「007 スペクトル」:ダニエル・クレイグの格好良さが中心で、十分満足するアクションいっぱいの映画でした。これもお決まりのヒロイン(有名なスパイの娘)との掛け合いも恋愛?も共に楽しめる内容です。新兵器も車も大いに活躍します。これも楽しみでした。
 2本も観るとドライ・アイになるので、次は音楽を楽しみました。
ロバート・グレイ・バンドやヒュー・ローリーのブルース、マドレーヌ・ペイローのジャズ・ボーカル、そしてナット・キング・コールのジャズを聞きました。実は黒人音楽が意外に好きなんですw-。
 そうこうするうちに、機はリスボン空港に無事ランディング。だだっ広いターミナルを移動して入国手続きを済ませ、バスに乗り込みトマールに向かいました。今回は現地在住の男性が終始ガイドを務めてくれました。
 トマールは、テンプル騎士団ゆかりの土地です。修道院が世界遺産に指定されています。しかも、ラッキーなことに、この日はテンプル騎士団に扮した地元の人たち(市長さんを含む)の写真を撮ることが出来ました。
P1020364.jpg
P1020373.jpg
P1020381.jpg
P1020384.jpg
 これが中世の騎士に扮した人々です。おやー2
ショットで?サマンサどら猫さんも居ますねえ、笑い。いつものサングラスと、黒皮の上着とジーンズ姿でした。
 ちなみに現地の気温は滞在中ほとんど彦根と同じか、少し低めぐらいでしたね。海辺ではさすがに風も強くて、風よけの山用のウィンドブレーカーを着用しました。セーターも冬物でなく春用の物を何枚か持参しました。ただ下には、ヒートテックの長袖を着ていましたが。

ポルトガルに行ってきましたの巻 ドバイ経由→トマール

P1020358.jpg
 ゆうべ関空から帰ってきました。え、どこへ行っていたって?
 はい、長らくブログを休みましたが、かねて念願のポルトガル旅行へ行きました。
 これはドバイでの離陸間際の朝日です。
〈往路〉 関空→アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでトランジット→リスボン
 エミレーツ航空で、まずドバイに飛びました。夜食?と朝食の2回の機内食が出ました。
P1020350.jpg
 実は深夜発なので、彦根から大阪で一旦トランジット?して(飛行機みたい、笑い)、大丸の地下で夕食を仕入れました。これはその1つです。美味しそうでしょう?最後の日本食の位置づけです。味良しですw-。
P1020351.jpg
P1020353.jpg
 これが機内食です。飢えがチキン。ゆっくり眠れるように、ナイトキャップ代わりに赤ワインを頼みました、笑い。
 下は、朝食の写真です。旅を楽しむためにはまず食欲からですよねえ。
 ドバイでは約2時間のトランジットでした。

いよいよ旅立ちの時、の巻

 遂に旅立ちの時が迫ってきました。去年に仕事の都合のため、キャンセルしたポルトガル。ポルトガルが呼んでいる?笑い。
 エミレーツ航空で関空から出発ですw-。
 早めに彦根から関空に向かい、余裕をもって行きたいと考えています。
 健康管理は、インフルエンザが身内に流行っていたので、心配しておりましたが、何とか無事のようで一安心。
 心置きなく飛行機に乗れそうです。
 帰ったら、遅くない時期に旅行の様子をブログ・アップしたいと思っています。
 しばし、日本ともお別れです。

ひこにゃんの街:あれ、フキノトウが芽を出した、の巻

 日差しが春めいたので、わが家の庭の片隅をふと見たら、ありましたよ、フキノトウが。美味しそうにちょこっと顔を出していましたね。「フキノトウあるやん!」と思わずつぶやいてしまいました、笑い。
 何年か前に、余呉(福井県との県境)でフキノトウを摘んできたときに、混じっていたフキの根っこを庭の隅に埋めて置いたのが芽生えたわけです。早速摘んで、天ぷらにしてもらうことになりました。
 奥様はその夜、フキノトウ、タマネギ、ジャガイモ、シイタケ、カニかまぼこなどで天ぷら三昧。
 フキノトウのほろほろとした苦みとえぐみが鼻孔に広がり、春だなあという香りと味わいが広がりました。ついつい調子に乗って?久しぶりに冷蔵庫の「エビス」(金ラベル)の缶を開けて味わい尽くしました。美味しかったですw-。
 タマネギの天ぷらも大好き。シイタケも捨てがたい味わいです。ジャガイモの天ぷらも大好きですw-。
 ちなみに、この日は天つゆで食べました。フライものと「551の豚まん」は、ウスターソースがわが家の定番ですが、天ぷらは天つゆですよねえ、やはり。
 むしろ食べ過ぎるぐらいに天ぷらを食べました、笑い。ごちそうさん。
プロフィール

Author:サマンサどら猫
 FC2ブログへようこそ!ミステリ大好き人間ですw-。そして、冬以外はアウトドア系(山登り、ハイキング、ウオーキング、サイクリング、釣り)、日帰り温泉、旅行などの趣味を楽しんでいます。茶トラを飼っていて、名前がサマンサです。卓球やバドミントンも好きで、最近は弓道も始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。